メインイメージ画像

選ぶポイント!

数多くの生命保険の中から、自分に適した商品を探し出すのは簡単ではないでしょう。保険を選択するときには、どんな種類で、どれくらいの保障額が何年間必要なのか、などを確かめることが必要です。そういった条件に一致した生命保険を何個か選んで、比較検討するのが通常の選び方だと思います。近頃は、基になる情報と希望の保障額などを示すと、それに見合った保険が表示される、というシステムも数多くあるので、そのサイトを利用するのも簡単なやり方です。

また、ファイナンシャルプランナーの無料保険相談は、通常では気づかないものを専門家の視点で、簡単に説明してくれるので、保険そのものに心配がある人には良いかもしれません。

不測の事態の場合の生命保険でしょうが、覚えておかなくてはいけないのは、保険金が支払われるときにかけられる税金のことです。
保険では契約者と被契約者、保険金受取人などをそれぞれ定めなければなりません。そして、この組み合わせによって、課せられる税金が相続税、所得税、贈与税の何かになるというわけです。

イメージ画像

ただし、病気などで入院をし、被保険者が受け取ることができる入院給付金に関しては税金の対象ではありません。保険の種類で、税金の種類までもが変更になるので、そのこともしっかりと明確にしておく必要があります。また、保険料を払い込むと12ヶ月で支払った一部の保険料が控除対象となるシステムである、生命保険料控除が受けることができます。

人生で家に続いて高価だと噂される生命保険ですから、なるべく賢く活用して、ささいな額でもこちらに保険料が返ってくれば満足ですよね。

保険の中には、掛け捨てと積立の2種類設定されているのですが、どちらがより、お得だと思いますか?はじめに、掛け捨てはその名の通り、解約後も掛け金は返ってきませんが、保障をメインとした保険なので、比較的安い月額料金で大きな安心を手に入れられることがメリットなのです。他方、積立保険は、解約したときに、まとまった金額が戻ってくる保険で、貯蓄型の保険とも呼ばれます。積立保険になると、月額のお金は掛け捨てに比べて高くなってしまいますが、貯蓄性ということは、貯金をしながらさらに保障も付加される、と認識することができますよね。

更新情報